相続手続・遺産整理・遺言書作成・成年後見・不動産登記の司法書士・行政書士「くりわだ法務事務所」東京都町田市

不動産登記

  • HOME »
  • 不動産登記
不動産登記1

 不動産登記とは、簡単にいえば、誰がこの建物の持ち主なのか、この土地にはどんな担保が付いているのか等、不動産に関する権利関係を「登記情報」という形で一般に公開し、不動産取引を安心してできるようにするための制度です。

不動産登記の具体例

相続登記

 人が亡くなると、所有していた不動産は子供等の相続人に受け継がれます。この際に行う登記を『相続による所有権移転登記』と言います。

 相続登記は単純に所有権を移転する登記ではなく、遺産分割や相続放棄など相続に関する手続きを完結させるためのものでもありますので、事前の相続手続がより重要な意味を持ちます。

詳細は相続手続をご参照ください。

担保抹消登記

不動産登記2

 住宅購入や事業の運転資金として、金融機関から融資(ローン)を受けると、通常、購入した住宅等の所有する不動産に担保として抵当権などの登記がされます。

 その後、ローンを完済すると担保は必要なくなり、抵当権などの登記を抹消することになります。この登記を『抵当権抹消登記』と言います。

 しかし、金融機関は必要書類を渡してくれるだけで登記の手続きまではしてくれません。

 当事務所では「住宅ローンの抵当権抹消登記」に限り、郵送でのやり取りだけで手続きが出来る、『お手軽抹消登記パック』をご用意しております。

所有権移転登記  ~ 個人間での譲渡 ~

 最近、相続時精算課税制度や夫婦間の贈与特例といった税制上の特典を使って、生前に財産の名義を配偶者や子供に移す方が増えてきています。

また

  1. ご両親が新居を購入して引っ越しをされるのを機に、今までの家を息子夫婦の住居として贈与する
  2. 離婚に伴い財産分与として不動産を譲渡する
 

など、市場での売買取引以外でも不動産の所有権の移転は発生します。

 これらは、いわゆる不動産仲介業者が間に入らないケースが多いため、書類のやり取りや手続きに不備があり、後々紛争の種になることも多々あります。

 そこで当事務所では、本職の不動産営業経験を活かし、これらのお手続きのトータルバックアップを実施しております。

当事務所の特徴

上記ような登記の他、名義人が行方不明で手がつけられなくて困っている不動産などのご相談も承っております。その他、不動産登記に関するご質問などお気軽にお問い合せ下さい。

お問い合わせはこちら TEL 042-729-2965 毎週月~金曜日 AM9:00 ~ PM17:00
土・日・祝祭日 応相談

PAGETOP
Copyright © 2009 - 2017 司法書士・行政書士「くりわだ法務事務所」 All Rights Reserved.